http://www.flickr.com/photos/92661859@N00/529254017

photo by bitzcelt

それ自体が奇跡に等しいこと。

普段、道を歩いているとき、蟻を踏まないように。なんて考えませんよね。

私は、ある和尚さんの話を本で読み、
気付いている範囲では、蟻を踏まないように意識しています。

蟻だって、生きているんですから。

何を言いたいかというと、
人間が言う、虫や動物っていうのは、それくらい一瞬で、そして知らないうちに命が奪われているんです。

殺した側の善悪問わず。


そして、人間が今この瞬間生きているのも奇跡的なことなんだと。

蟻が人間に踏まれるのと同様に、
人もいつ死ぬかわからない。

そして、蟻と同じように、
死んだことも気づかれずに死んでいく。

例え、周りの人たちが悲しんだとしても、100年も経てば誰も知らなかったことになっていく。

歴史に残っている人たちも、きっと1,000年も2,000年も経てば、忘れられていく。そもそも人間が生きているかもわからないし。

生まれるときもそう、
何億分の1とか何兆分の1とかの確率で選ばれた精子と卵子から子供が生まれる。

その他は、生まれることすらも許されない。

そして、生まれたとしても、
無能症なんて名前の病気もある。

身体は成長しているのにもかかわらず、脳が作られないのだ。

ほとんどの場合は医者により中絶ということになるようだが、産む場合もあるらしい。

しかし、脳が無く、思考することもできないためなのか、数年で亡くなってしまうらしい。

そう、今この瞬間生きていることが奇跡。



なんて、書いているけれど、
きっとすぐ忘れちゃうんだろうな。

ああ、この世とはなんなのか。

自問自答するために作られた世界なのか。

きっと、死んだ後は、生まれる前と同じ。何も無いんだろう。

だから、死ぬまで今を生きよう。